自費出版をしてみよう

自費出版をしてみよう

自費出版は紙より電子がおすすめな理由

自費出版は紙より電子がおすすめな理由 自費出版をする場合は紙よりも電子書籍でした方がメリットが沢山あるのでおすすめです。
その理由はまず印刷費用がかからないという事です。
どうしても紙で自費出版すると製本から印刷まで色々と費用がかかってしまいますが、電子の場合その必要がない為大幅に費用削減する事が出来ます。
また、文字数が少なくても書籍にする事が出来るというのもおすすめな理由です。
一般的に紙の書籍にするには原稿用紙で200~250枚、文字数にして約10万字は必要になってきます。
しかし電子書籍の場合、1万字、場合によっては原稿用紙十数枚のわずか数千時でも出版する事が可能です。
他にも、デジタルなので書籍と違って劣化する事もありませんし、データはデジタル化しているので修正や更新もしやすいですし、場所もとらないので保管するのに便利です。
さらに、ネットで公開すれば検索やネットサーフィンで偶然たどり着き、多くの人に読んでもらえる可能性が高いという事も大きなメリットです。

紙と電子の自費出版はどちらの方が売れる?

紙と電子の自費出版はどちらの方が売れる? 自費出版は、紙媒体と電子書籍のどちらが売れるのでしょうか。
これらには、以下のような相違点があります。
まず、紙媒体について。
中高年以上の世代であれば、紙媒体の本しかなかった環境で育っているので、紙媒体を好みやすいといえます。
そして、ページをめくる感触なども、好む理由として挙げられます。
また、充電の必要もないので、自分の好きな時に読むことができるというのも利点の一つです。
次に、電子書籍について。
こちらの最大の利点は、「場所を取らない」ということです。
一つの端末に数百~数千冊もの本を収められるので、部屋に積み上がってしまうこともありません。
また、紙媒体よりも値段が安いので、手軽に買うことができます。
さらに、青空文庫などを利用すれば、数多くの名作を、タダで読むことまでできます。
このように見て来ると、電子書籍のほうに分がありそうですが、紙媒体には五感に働きかけるという大きなアドバンテージがあるので、自分の狙いに合った方法で自費出版を行いましょう。