自費出版をしてみよう

自費出版をしてみよう

自費出版と電子書籍はどちらが委託販売をしやすい?

自費出版と電子書籍はどちらが委託販売をしやすい? 今は、出版不況と言われており、書籍がなかなか売れません。
しかし、店頭に並ぶ書籍数は年々増加しています。
本は売れなくなっている代わりに、電子書籍の市場は大きくなってきており、書籍の新たな販売戦略が必要になっています。
自費出版した本を委託販売する場合、売る予定の本が少量の場合、店頭で販売しても利益はほとんど出ません。
また、現実的には、自費出版された本のほとんどは、著者の関係者しか興味を持たず、読者層を広げることは難しい状況が続いています。
それに対して、電子書籍の市場はまだまだ小さいとはいえ、年々拡大してきており、売れる可能性も高まっていますまた、店頭に並べる必要がないので、委託販売の際の手数料は安くなります。
また、SNSやブログなどを使って、自分で販売された本を広めることもできるので、自費出版の本を委託販売するよりも、売れ行きは伸びる可能性があります。
一般的には、電子書籍の方が委託販売はしやすいです。

自費出版で委託販売をするときのポイント

自費出版で委託販売をするときのポイント 自費出版で委託販売で書店の店頭に本を並べてもらうには、流通の流れを知っておくことが必要です。
一般に書籍の流通のほとんどが、出版社から取次、書店という流れを通ることになります。
取次とは、書籍の問屋さんです。
全国の書店は、この取次店である問屋のどこかと契約しています。
取次店が書店への配本を担当しています。
書店で売れ残った書籍は、書店から取次店に戻され、その書籍の販売状況によってストックしても注文が出ないようなら出版社に返本されます。
委託販売制度が、業界として取り入れているので、自費出版で書籍を書店の窓口で売ろうとしても取次店を介さないと販売はできません。
また自費出版のように販売部数が限られたものは、たとえ店頭で販売することに成功しても、返品までの期間はかなり短くなることを覚悟する必要があります。
書店は、委託販売を取り入れていることで販売リスクは抱えません。
一方、売れない書籍はどんどん返品することになります。
店頭に並べても売れないと判断されると店頭においてもらええないこともあるのが自費出版の本の実情です。