自費出版をしてみよう

個人出版と企画出版の違い

個人出版と企画出版の違い

個人出版と企画出版の違い 本を出版する時に著者が自費で負担する自費出版である個人出版と出版費用を出版社が負担する企画出版がありますが、大きな違いはどこにあるのでしょうか。

個人出版と企画出版の違いは、先ほど言いましたように誰が出版費用を負担するのかになります。

企画出版は出版に関わる全ての費用を出版社が負担して、著者は定価の10%ほど印税が入ります。
全ての費用を負担するということになりますので出版社は採算が取れるかどうかを重視しており、採算が取れないとなると出版社から認められません。

個人出版は全て著者が負担しますが、さまざまなケースがありまして著者自身が印刷会社に依頼をして全ての工程を行なう場合もあれば、出版社にアドバイスを貰ったり、原稿チェックをしてもらったりする場合もあります。
自費出版となる本は基本的に本屋に並ぶことはありませんが、それは流通や宣伝や営業といったことを自身でしなければならないからです。

一般的な違いは費用が誰が持つかという点になります。

企画出版のハードルは高い

企画出版のハードルは高い 自費出版は文字通り自ら費用を負担して出版するため必要な資金さえ用意できれば印刷業者に発注すれば実現可能です。
一方、企画出版の場合は出版社が費用を全額負担して印刷から始まり、提携している大手取次を通して全国の書店やオンラインショッピングサイトなどへの配本、メディアへの広告出稿や大手書店への営業など販売促進活動までの全てを担ってくれますが、それを実現するためには各出版社が規定する審査に合格する必要があるためハードルは高いものとなっています。
審査ではその本の企画や内容が面白いものであるのはもちろんのこと、大手流通に乗せて販売した際に採算が取れるか否かが徹底的に検証され合否が決定されます。
個人の趣味の範囲でも行える自費出版とは違い、企画出版はあくまでも商業ベースで物事が判断される厳しい世界ですが、その高いハードルを乗り越えて自ら作った本が晴れて全国の書店に並び多くの読者が手に取る日が訪れた暁にはベストセラー作家となる事も夢ではありません。