自費出版をしてみよう

自費出版の賢い商法

自費出版の賢い商法

自費出版の賢い商法 今、自費出版は本を出版したいという人にとって、簡単に夢をかなえることができる方法です。でも、本を出版できることと本が売れるということは同じではありません。自費出版を成功させるためには、多くの人に購入してもらい利益を上げることが大切です。

ではどうすれば売上を伸ばすことができるのか、ということやっておくべき商法としてはとにかく宣伝をすることです。個人では大手出版社のような大規模な宣伝はできるはずがありませんが、ではどうやって宣伝をするのかというと、人に読んでもらって感想を書いてもらうのです。いろいろな書評サービスがありますが、そういったところに献本を書いて書評を書いてもらいます。中身もよく読まずに宣伝してもらうのと違って、どこが良くてどこが悪いのかということをちゃんと書いてもらえます。もちろん、中身が悪ければそれで酷評されるかもしれませんが、自信があるのならば多くの人にほんの良さを伝えて購入してもらえる可能性が増えていきます。その書評サービスの中で他にも興味を持てもらえたならば、さらに書評は増えて人の目に触れる機会が訪れるでしょう。

自費出版の喜び

自費出版の喜び 自費出版とは、本を書いた著者が自分で費用を負担して出版するもので、入稿・原稿整理・編集・校正・製作デザイン・装丁・印刷・製本までの工程を基本的に自分の費用で行うことになります。しかしながら昨今は以下のように3つの方法・種類が存在します。

個人出版は上記の製本の工程をすべて負担し、発行の責任も自分で持ち本を発刊するする方法で、自費出版と言うと主にこのことを指します。企画出版という形態もあって、これは著者が小説などの原稿を送り、出版社の審査と費用で発刊されるものです。この形態は出版社の負担で発刊されますので審査のハードルが高く、一般の執筆者の原稿が採用されることは極めて稀と言われています。しかし採用されたときは著者の発行負担は少なく、全国の書店に配本・販売されるという喜びがあります。協力出版という形態もあり、これは著者と出版社が制作費用・在庫管理費用・流通・広告費用などを負担しあって出版する方法です。費用の負担割合は各出版会社によってまちまちで異なります。全国の書店に配本される喜びを得られますが、現実的には無名の本が売れることは少ないようです。

とにかく自分の本を作りたいということなら、私家版と言われる自費出版がおすすめです。自分の経験した嬉しいこと・楽しいこと・つらいことなどの体験談や、詩歌・短歌などをまとめた本を、好みの装丁などで作ることが比較的安価で制作することが可能です。